鶴岡の未病ケア専門サロン ~癒しのトータルプロデュース ~Salon de ROSA(サロンドローサ)

アロマプレッシャーの中のプレッシャーポイントテラピー

アロマプレッシャーのメソッドの中に

「プレッシャーポイントテラピー」があります。

いわゆる「ツボ療法」と呼ばれるものです。

人間のカラダには「経穴」と「経絡」があります。

経穴(いわゆるツボ)は、

東洋医学で言う「気」や「血」を調整する「エネルギーポイント」です。

人体には1000個以上あると言われ、

そのうち361個のツボはWHO(世界保健機関)により認められています。

経穴への刺激は、

その部分に対応する内臓などへ反射され、その機能が調整されます。

この仕組みは科学的に解明されつつあります。

一方の経絡は、人体をめぐり流れる14本の「エネルギーライン」です。

内臓と身体の表面とつながり、全身を循環しています。

ツボ療法は、主に14本の経絡上に存在する経穴を中心に行います。

アロマプレッシャーでは、

経穴や経絡に独自の方法で刺激を与えることで、カラダの「エネルギーチャンネル」を刺激し、

血行や代謝を促進してカラダのバランスを整えます。

私が初めに習った施術は、日本フットセラピスト協会のフットセラピーでした。

日本フットセラピスト協会では、

「円心五法」という東洋医学の理論的土台にもなっている

陰陽五行説に基づいて体系づけられたメソッドを行っており、

経穴概論を多く取り入れております。

既にこの知識を得たうえで、私はアロマプレッシャーの施術を勉強しに行きました。

リンパドレナージュを勉強しに行ったのに

経穴や経絡と言う言葉が出てきたのに驚いた記憶があります。

そして、

ツボ療法も取り入れているアロマプレッシャーの施術は本当にすごいものだと感じました。

東洋・西洋にこだわらず良いものを取り入れようとする

ダニエル先生の姿勢には感心します。

このプレッシャーポイントテラピー、モダンリンパドレナージュ、フィジカルテラピー、アロマテラピーからなる

「アロマプレッシャー」を多くの方から体験していただき、

その素晴らしさを実感していただきたいものです。